日曜大工友の会

日曜大工の電動工具選びと作品発表 入門者からベテランまで


日曜大工友の会TOP   日曜大工 入門講座   電動工具の選び方   日曜大工掲示板   日曜大工 使えるリンク集   ノンジャンルクロスリンク集


日曜大工入門講座 シンプル棚の作り方

シンプルな棚を作ろう
電動工具、この3つがあれば超楽々♪
ジグソー・インパクトドライバー・サンダー

ジグソーインパクトドライバーサンダー


左からジグソー(切断用電動工具)、インパクトドライバー(穴あけ/ネジ締め電動工具)、サンダー(ヤスリがけ電動工具)。

ジグソーとインパクトドライバー、このふたつがあれば、実はほとんどのものが作れます
(ジグソーは慣れてくれば丸ノコでもOKです。詳しくは電動工具の選び方を参考に。)

ジグソー(写真左)で材料を切断、インパクトドライバー(写真中央)でビス止め。
あとは工夫次第。
そして、サンダーがあると、仕上がりがぐっと良くなります。

切断はもちろんノコギリでも構いませんし、ヤスリがけももちろん手でも構いません。
ただ、電動工具があれば、女性でも楽チン♪
感動するぐらい作業がはかどりますよ!


<シンプル棚の作り方>

シンプル棚を作ろう 今回は、至ってシンプル、こんな棚の作り方を説明します。

このシンプル棚の作り方が分かれば、本棚やTVボードなど、アイデア次第でいろいろ応用できますよ!

難しくないので、是非チャレンジしてみてください。
差し金と墨出し まずは材料の切断から。

棚を作りたい寸法で、切断ライン(=「墨」といいます)を書いていきます。

写真のように差し金(さしがね)を材に引っ掛けると、直角のラインが簡単に出せます。
ジグソーでの切断 墨を出したら、墨線に沿って切断しましょう。

写真はジグソーで切断をしています。

ジグソーでも丸ノコでもそうですが、刃は切断する材の下側まで貫通します。
写真のように端材で台を作って、床や地面まで切らないよう、材を少し上げてやりましょう。

切断自体はノコギリでも構いませんが、電動工具は楽に、そして早く作業が出来ます。
ノコギリが「ギコ、ギコ、ギコ…」と切り終えるまでの力仕事であることに対し、ジグソーは「ターー」で終わります。
お裁縫に例えると手縫いとミシン位の違いでしょうか。
丸ノコと切断ライン 切断時の注意点として、あらかじめ「刃の厚み」を計算に入れておくと、より精度が高くなります。

写真の丸ノコの場合は、刃の厚みが約2mm。
墨どおりのセンターでCUTすると、はみ出す刃の分、約1mm短く切断してしまう計算となります。

そこで、墨線ギリギリで切断できるように、あらかじめ刃をずらした位置で切断をしていく、ということです。
サンダー 切断をしたら、切断面が荒れがちです。
ヤスリで毛羽立った表面を整えてやりましょう。
加えて、材の角の直角を軽く丸めて(=面取りして)やれば、安心して使えます。

また、ホームセンターで売っている材はほとんどが製材済のキレイなものですが、240番程度のペーパーでこすってやると手触りや塗料の乗りがぐっと良くなります。
室内で使うものなら、ひと手間かけてやりましょう。

ここでサンダーがあると「鼻歌混じりのひと手間」になります。便利ですよ〜。
棚のビス止め位置 パーツの準備が出来たら、いよいよ組み上げ。

この棚の場合は、脚に横材を渡し、そこに棚板を載せる構造となっています。

脚と横材、横材と棚板はそれぞれインパクトドライバーでビス止めします(写真の矢印)。

ひとつの材に対して2箇所程度ビスを打ってやれば、強度も出てきます。
ポイント!
横材を使わずに棚板を脚の反対側から直接ビス止めする方法もアリですが、横材を使うこの方法の方がやりやすくて強度もあります。理由は、
 ・短い横材をビス止めしてしまえば、長い棚板はそこに乗せることによって楽にビス止めできます。
 ・ビス止めは、ビス自体の折れ曲がり強度と、ビス締めの圧着による摩擦効果で固定されます。
  横材を使った方が摩擦面積が広くなり、より強固になります。
 ・横材を複数使うことにより、前後方向のゆがみに対する強度も期待できます。
等々、カンタンかつ効果的な方法なので、ぜひ活用してください!


インパクトドライバーでのビス打ち インパクトドライバーでのビス打ちの基本は、ビスとビットが一直線に並んでいること。ビットがものすごい回転トルクでビスを締め込んでいきますから、回転軸がずれているとビスの頭を傷めてしまいます。

初めは、左手でビスを軽く持って、右手のインパクトドライバーでゆっくりとねじ込んでいくといいでしょう。
ある程度ビスが木に入り込んで自立するようになったら左手は離し、今度は木に入り込んでいくビスを押し込んでやるようなイメージで、インパクトドライバーのヘッドの後ろ側に添えます。
慣れるまでは失敗しやすい人もいますから、要らない端材で練習してみるのも良いと思います。

(あ、もちろんここは「釘と金づち」でもいいですが。)
インパクトドライバーでの下穴あけ また、材の端にビス打ちする場合、無理にビスを入れ込むと材が割れてしまうときがあります。

これを避けるには、あらかじめビスの太さよりやや細めの下穴を開けてやれば大丈夫。

インパクトドライバー用のドリルビットがあるので、先端のビットをちょいちょいと交換して下穴を開けておきましょう。、
棚の完成 脚に横材をビス止めし、その横材に棚板を載せ、それもビス止めしてやれば完成です。

簡単でしょう?

後は、必要や好みに応じて塗装をしてあげれば、なお良いですね。

細部の工程など、細かいことを言えばキリがないですが、これでも充分使えます。

あとはあなたのアイデア次第、いろいろなものに応用してくださいね!



さあ、シンプル棚をマスターしたら、次はインパクトドライバーを使ったちょっと上級テクニック、ダボ埋め・ダボ継ぎに行ってみよう!


日曜大工入門講座TOP → シンプル棚の作り方 → ダボ埋め・ダボ継ぎ → 溝の活用・接ぎ → 切断の精度 → 番外編



日曜大工 友の会主催者からのお願い

このページに記載されている内容は、日曜大工の一般的な技法と、日曜大工 友の会運営者の主観によるアドバイスをまとめたものです。
ご意見などございましたら、こちらからお知らせください。
なお、全ての内容および画像の無断転用等を固く禁じます。
また、電動工具の使用は常に危険を伴います。各電動工具の取扱説明書などに従い、安全に充分な注意を払ってお使いください。
万が一、損害等が発生、もしくは電動工具の使用によって怪我等を負っても、日曜大工 友の会運営者は一切の責任を負いません。
以上、あらかじめご了承くださいますようお願いいたします。


日曜大工友の会TOP   日曜大工 入門講座   電動工具の選び方   日曜大工掲示板   日曜大工 使えるリンク集   ノンジャンルクロスリンク集


日曜大工の電動工具選びと作品発表 入門者からベテランまで

このサイトの著作権は日曜大工 友の会運営者に全て帰属し、一切の無断転用等を固く禁じます。
ご意見・ご要望などございましたら、こちらからお知らせください。