日曜大工友の会

日曜大工の電動工具選びと作品発表 入門者からベテランまで


日曜大工友の会TOP   日曜大工 入門講座   電動工具の選び方   日曜大工掲示板   日曜大工 使えるリンク集   ノンジャンルクロスリンク集


日曜大工入門講座 ダボ埋めとダボ継ぎ

シンプル棚を作ったら、今度はインパクトドライバーを使った
ちょっと上級テクニックをやってみよう!

インパクトドライバー


さて、シンプル棚はマスターできましたか?

いくつか作品を作れるようになったら、だんだんと「出来」に気が向くのが人情。
そこで自作品と市販品と比べて、まず気が付くのが、ビス。
ほとんどがビスを使っていないか、隠しています。

今回はインパクトドライバーを使った、ビス隠しの技と、
ビスを使わない接合の技を紹介します。


<ダボ埋め 〜 ビスを隠す 〜>

インパクトドライバーとダボ錐 まずは、ビスを打つ位置にあらかじめ適当な深さの穴を開けます(貫通はさせない)。

写真は、インパクトドライバー用のストッパー付「ダボ錐」です。
簡単に言えば、ストッパー付のドリル、ですね。
コレを使えば深く穴を開けすぎることがないので便利です。
インパクトドライバーでダボ穴へビス打ち そして、その穴に入るようにビス打ちをします。
ダボの切断 ビスを打ったら、穴に木工用ボンドを軽く流し込み、穴と同じ径の丸棒(=ダボ)を差し込みます。
(あらかじめダボ錐と丸棒の径を合わせて用意しておくと良いですね。)

丸棒を奥まで差し込んだら、ノコギリでカット。
これでビスが隠れました。

あとは、丸棒の断面と周囲の段差がなくなるようにヤスリをかけて完了です。

材と丸棒を同じ種類の木にすればほとんど目立たなくなりますし、逆に、丸棒をわざと濃い色にするなどで、ワンポイントアクセントにもできます。


<ダボ継ぎ 〜 ビスを使わない 〜>

ここではビスを使わないで材を接合する「ダボ継ぎ」という技法を紹介します。

仕組みは簡単、接合する材の双方にダボ錐で穴を掘っておき、それぞれにダボを差し込んで繋げる、ということです。

それだけだと引っ張ると抜けてしまいますので、木工用ボンドでも接着をします。
ダボ継ぎ〜マーキングポンチ ダボ継ぎで難しいのが、ダボ穴の位置です。

接合する材同士、同じ位置にダボ穴がないと、きちんと入りません。
なかなか苦労をするところですが、オススメ便利グッズが写真の「マーキングポンチ」といわれるもの。

片方の材だけダボ穴を開けたら、そこにこのマーキングポンチを差し込み(写真の左側のイメージ)、接合する予定の材を乗せてコン、と叩きます。
そうすると、きっちり対称の位置にポンチの針でしるしが付くので、その位置でダボ穴を開けてやればOK。
ダボ穴が開いたら両側に木工用ボンドを塗り、ダボを差し込んでプラモデルみたいにはめこみます。

当て木をして金づちで叩くとしっかり入ります。

あとはボンドが乾くまで圧着して完成です。

※圧着=接合面を貼り合わせるように押し付けておくこと。「ハタガネ」や「クランプ」といった道具を使って締め付けるのが確実ですが、接合面が水平になるように置いて上に重しを乗せておく(写真)でもぼちぼちOKです。

ここまでの内容を応用すれば、本当にいろいろなものが作れるはず。

次回はトリマーを使ったワンランク上のテクニックを紹介します。 →  溝切の活用・接ぎ


日曜大工入門講座TOP → シンプル棚の作り方 → ダボ埋め・ダボ継ぎ → 溝の活用・接ぎ → 切断の精度 → 番外編


日曜大工 友の会主催者からのお願い

このページに記載されている内容は、日曜大工の一般的な技法と、日曜大工 友の会運営者の主観によるアドバイスをまとめたものです。
ご意見などございましたら、こちらからお知らせください。
なお、全ての内容および画像の無断転用等を固く禁じます。
また、電動工具の使用は常に危険を伴います。各電動工具の取扱説明書などに従い、安全に充分な注意を払ってお使いください。
万が一、損害等が発生、もしくは電動工具の使用によって怪我等を負っても、日曜大工 友の会運営者は一切の責任を負いません。
以上、あらかじめご了承くださいますようお願いいたします。


日曜大工友の会TOP   日曜大工 入門講座   電動工具の選び方   日曜大工掲示板   日曜大工 使えるリンク集   ノンジャンルクロスリンク集


日曜大工の電動工具選びと作品発表 入門者からベテランまで

このサイトの著作権は日曜大工 友の会運営者に全て帰属し、一切の無断転用等を固く禁じます。
ご意見・ご要望などございましたら、こちらからお知らせください。