日曜大工友の会

日曜大工の電動工具選びと作品発表 入門者からベテランまで


日曜大工友の会 TOP    電動工具の選び方    日曜大工掲示板    日曜大工 使えるリンク集


日曜大工的 電動工具の選び方(まとめ)


1 充電式電動工具とコード式電動工具について

 電動工具全般について言えることだが、それぞれ充電式のものとコード式のものが並存している工具が多い。パワーや安定性などの面から、たいていの場合はコード式の方がストレスなく使える。

 ただし、
ドライバードリルとインパクトドライバーに関しては充電式が主流となっている。

 このあたりは、作業台の上で行うことの多い切断などとと、組み上げながら行うネジ締めの違いかもしれない。
 大型の作品になればなるほど、こちらでネジ締めをしたら次はあちらへと動くし、ちょっと厳しい体勢での作業も多くなるので、コードの制約がうっとおしくなってくる。

 DIYとはいえ、このドライバードリル/インパクトドライバーに関しては、(値段はアップするが)できれば
充電式を選ぶことをおすすめしたい。

 ただし、充電式を選ぶ場合、それだけで値段がアップすることに加え、
充電式同士の値段の違いはバッテリー性能の違いとほぼ等しい。
 極端な廉価モデルの場合、充電時間と作業時間(とパワー)のバランスが悪く、使い物にならないケースも。加えて、バッテリーは消耗品となる。バッテリーだけ後から購入しなおすのが困難な例も多いので、充電式を購入する際は、やはり
「それなりのメーカーでそれなりの価格」のものが無難かもしれない。

2 廉価モデルと高級モデルについて

ホームセンター画像 ホームセンターに行くと、同じ種類の電動工具でも、安いのから高いものまでズラーっと並んでいる。値段の違いの内訳として、目に見えるものはサイズや機能、パワーといったところ。(チェックすべきポイントは機種ごとのページを参照。)

 ただ、最近の廉価モデルは非常に優秀で、その辺りでは高級モデルと大差ないケースもちらほら。
 ではこの値段の差は何?
 
 それは、@
耐久性およびアフターパーツなどのフォロー体勢、A精度、主にこの2点。
 やはり高いものほど良いもので、理想を言えば、全て高級モデルを買ったほうが良い。長くストレスなく使えるし、良い道具は未熟な腕をフォローしてくれる。

 とはいえ、日曜大工レベルで全て高級モデルを買うのは、実際かなり勇気がいるところ。モノによっては廉価モデルで済ませて、浮いた予算で違う種類の電動工具も買ってしまった方が、楽しく日曜大工ができたりする。

 では、どこを抑えられるかというと、先ほどの2点を順番に細かく検証していこう。
 
まずは@の
耐久性およびアフターパーツなどのフォロー体勢について

 耐久性に関しては、一般的な日曜大工ユースでは大きな問題はなかったりする。
 極端な廉価品、または余程のハズレを引かない限り、無茶な過負荷や連続使用をしないように気をつけていれば、何年も頑張ってくれる。頑張って高級モデルにしてもいいが、使用頻度の低い工具に関してはそんなに無理することもない。
 ただし、オーバーワークをさせると、モーターから煙が…なんてこともある。ヘビーに使う予定があれば、より耐久性がある高級モデルにしておこう。また、先述の充電式工具に関しても、廉価モデルは避けた方が無難。長く使うことを考えて奮発しよう。

 つぎにAの
精度について

 サンダーやブロワーなんかは関係ないが、切断系電動工具では精度が大切。スライド丸ノコや丸ノコ盤などでは値段に応じて精度もあがる傾向がある。廉価モデルだと、各種ガイドや刃の角度がいつのまにかブレている、なんてことも多い。

 精度で意外な落とし穴が丸ノコ。
 丸ノコは結構、刃の垂直がブレやすい。上から見ながら墨線に沿ってまっすぐ切断しても、正面から見れば実は傾斜切断していた、なんてことも多い。そうなると、例えばそれで箱を作ったとしても、木口が傾斜していればゆがんだ箱になってしまう。
 その辺が高価モデルのプロ仕様だとしっかりしている(ブレにくい&微調整がしやすい)、ということだ。

 まあ、この
精度については、捉え方も人それぞれ。素人だしちょっとぐらい構わないから廉価モデルでOK、という人もいるし、木工にのめりこんでいって精度が命、という人もいる。

 さて、あなたはどちらのタイプだろうか?


3 作成作品別の必要工具

 さて、ここまでは全体的な話をしてきたが、ここでは個別の電動工具の取捨選択の説明をしよう。
まず、下の表を見て欲しい。

目的別
必要工具
作成予定作品
小棚や小箱など
小物中心
本棚・物置など
大型も混じる
木のパズルなど
クラフト作品
切断 とりあえずはジグソーがあれば事足りる。余裕があれば、直線カット用に丸ノコを購入しても良い。 丸ノコがないと仕事にならないケースが多いが、まずはジグソーで電動工具慣れしておくことをお勧めする。
ジグソー、丸ノコ共に使いこなし、かつ余裕があって精度やスピードにこだわるようになってきたら、スライド丸ノコや丸ノコ盤などへ手を広げると良い。
糸ノコ盤は欠かせない。材料の荒切り用にジグソーがあっても便利。
ネジ締め ドライバードリルで必要充分。 インパクトドライバーは必須。 必要に応じてドライバードリルを。
その他工具 サンダー・ブロワーはあると重宝する。
必要に応じてトリマーでレベルアップ!
サンダーは欠かせない。ブロワーもあると便利。 やや値が張るが、ベルトサンダーがあると非常に便利。

 作成作品ごとに、必要な工具をまとめてみた。これを元に電動工具の購入計画を進めていけば、大きな問題はないと思われる。将来的に作る予定のものまで視野に入れて、無駄なく買い進めていって欲しい。

4 賢い電動工具の買い揃え方

 日曜大工愛好家たるもの、小物を作れば次は大物を作りたくなるし、大物ばかり作っていれば小物も作りたくなるのが人情というもの。とはいえ、大物と小物の作成用の電動工具は、似ているようで若干異なる。
 
 では、木のパズルなどのクラフト作品系は別として、
小物から大物まで満遍なく、かつ無駄なく電動工具を揃えるにはどうすればいいだろうか。

 そこで電動工具の購入例をひとつ、あげてみよう(下の表)。
 ただしあくまで一般的なケースの場合で、作成作品の幅などで、これがベストではないケースもあるかもしれない。
 ここまでに説明したことを思い起こしながら、自分の作りたいものをリストアップし、最適な電動工具をそろえていって欲しい。

電動工具
購入順序
(サンプル)
まず初めに… 慣れてきたら… ハマってきたら…
切断 ジグソー 丸ノコ スライド丸ノコ丸ノコ盤
まずはジグソーで電動工具に慣れよう!
廉価モデル
慣れてきたら丸ノコで
パワーアップ!
中級造作タイプ
ジグソーは曲線専用として残しておこう。
とことんハマった人向け?
最終兵器「卓上モデル」
中〜高級モデル
ネジ締め インパクトドライバー
繊細な力加減はやや難しいけれど、「大は小を兼ねる」。充電式インパクトドライバーだけでOK!
中〜高級モデル
その他工具 サンダー ブロワートリマー
サンダーがあると劇的に効率アップ!!
廉価モデル
余裕があればブロワー(廉価モデル)を。本当に便利! 必要に応じてトリマー(中級モデル)でレベルアップもアリ!

〜 日曜大工友の会 オススメの優良ネットショップ 〜    ※PRを含みます。PRについてはこちらをご覧ください。

RYOBIを買うなら、迷わずイーデンキ がオススメ。後々の評判もいい。ナショナルDeWALTの電動工具の他、各種工具なども扱っている。
トリトンを買うなら、DIYツールドットコムがオススメ。アタッチメントも充実、評判も良い。トリトンの他、DeWALTBLACK&DECKERなど海外の電動工具メーカー、ハンドツールも揃っている。商品説明ページの作りも丁寧なので、イチオシのサイトだ。
マキタ日立は激戦区だが、e−道具市場が品揃え・価格・評判、全てで頭一つ出ている印象がある。間違いはないだろう。

その他、幅広くチェックをしたいのであれば、各工具のページに(検索条件設定済の)「お助けリンク」を作っておいたので、参考にして欲しい。


〜 主要電動工具メーカーの紹介 〜

マキタ 言わずと知れた日本を代表する工具メーカー。その信頼性はピカイチで、アマチュアからプロまで幅広く愛用されている。 BOSCH ドイツの世界的メーカー。人間工学に基づいたその工具の形状は非常に使いやすく、玄人木工家にファンが多い。
日立工機 マキタと並ぶ工具メーカーの老舗。熱狂的ファンが多いのは、品質の高さの証。壊れにくいとの評判も高い。 BLACK &
DECKER
アメリカの世界的メーカー。日本ではホームセンターやネットなどでDIY向けに展開している。
RYOBI 国内屈指のメーカー。ここのものなら間違いはなく、価格も手ごろなものが多い。DIY目的イチオシのメーカー。 DeWALT アメリカの世界的メーカー。最近ネットで出回り始めている。比較的廉価で信頼性が高い。
ナショナル 誰もが知る家電メーカー、電動工具も定評がある。やはりバッテリー系は優秀でラインナップも豊富。 トリトン ワークシステムで超有名なオーストラリアのメーカー。そのシステムで揃えていくのもひとつの選択。


〜 各種電動工具の詳細と選び方 〜

ジグソー 丸ノコ 卓上丸ノコ スライド丸ノコ 丸ノコ盤 糸ノコ盤 ディスクグラインダー
ジグソー 丸ノコ 卓上丸ノコ スライド丸ノコ 丸ノコ盤 糸ノコ盤 ディスク
グラインダー
ドリルドライバー インパクトドライバー サンダー トリマー ブロワー
日曜大工的電動工具の選び方
ドライバー
ドリル
インパクト
ドライバー
サンダー トリマー ブロワー まとめ 選び方TOP


日曜大工 友の会主催者からのお願い

このページに記載されている内容は、日曜大工 友の会運営者の主観によるアドバイスをまとめたものです。
ご意見などございましたら、こちらからお知らせください。
なお、全ての内容および画像の無断転用等を固く禁じます。
また、電動工具の使用は常に危険を伴います。各電動工具の取扱説明書などに従い、安全に充分な注意を払ってお使いください。
万が一、以下の内容より損害等が発生、もしくは電動工具の使用によって怪我等を負っても、日曜大工 友の会運営者は一切の責任を負いません。
以上、あらかじめご了承くださいますようお願いいたします。


日曜大工友の会 TOP    電動工具の選び方    日曜大工掲示板    日曜大工 使えるリンク集


日曜大工の電動工具選びと作品発表 入門者からベテランまで

このサイトの著作権は日曜大工 友の会運営者に全て帰属し、一切の無断転用等を固く禁じます。
ご意見・ご要望などございましたら、こちらからお知らせください。